名古屋駅近辺某テナント入居に伴う電気配線状況

電気配線工事はどんな工事?

文字通り、電線やケーブル類の配線にかかわる工事を指します。
屋内配線工事と屋外配線工事が存在しますが、今回は屋内配線工事を中心に取り上げます。

屋内配線工事の対象となるのは、電線のほかにも電話線やインターネット回線、テレビのアンテナ線、LANケーブルが挙げられます。
しかしその作業は「電気工事士」の資格を保有する者しか行なうことができません。

配線工事の種類や場所に合わせて施工する技術と専門知識が必要なうえ、電気配線の場合は水濡れや漏電、発熱、発火などが起きないように万全を期さなければならないからです。

電気配線工事の種類

屋内における電気配線工事には、主に次の3種類があります。

コンセント配線

コンセントや照明器具用の配線には、VVFケーブルというものが使われます。
コンセント配線とは、このケーブルを分電盤から壁内部や天井裏に延ばして通しながら電源が必要な場所に設置する工事を指し、配線工事の基本でもあります。

スイッチプレート配線

照明器具や換気扇などの電源スイッチに関する配線のことです。
分電盤と照明器具・換気扇などをつなぐ配線で、比較的簡単な作業です。

照明器具用配線

照明器具を取りつけるために天井へ通す配線のことです。
通常は、引っ掛けシーリングと呼ばれる器具を天井に設置して配線します。
一度引っ掛けシーリングの位置を固定すると、それ以外の場所に照明器具を取りつけられなくなります。
そのため、位置を変えたい場合は、電灯線を延長する配線工事が必要となります。

まとめ

今回は電気配線工事の一部分をご紹介しましたが、いかがでしたか?
私たちが担当する工場やテナント・オフィスでは上記の配線工事のほかにも、高圧変電設備や避雷設備・自家発電設備の設置や計装配線工事が加わることが多く、より複雑なものとなってまいります。

電気のプロフェッショナルが揃う有限会社余語電気工事では、電気の安定供給のための提案から設計・施工・メンテナンスまでの総合管理を行なっております。
電気にまつわるお困りごとやご依頼がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

一覧に戻る

▲TOPへ