こんにちは!愛知県犬山市を拠点に東海三県にわたり電気工事、電気設備工事電気土木工事など官公庁工事を通じて地域の発展に尽力させていただいております余語電気工事です。
電気工事はビルや一般住宅の建設で新築や増改築、電気土木工事などさまざまな工事を行いますが、その際、絶対に避けなければならないのが感電です。
生活に必要なライフラインを構築するため、最前線で活躍する建設作業員や電気工事士は常に危険と隣り合わせなので注意しなければなりません。
そこで今回は、電気設備工事における安全対策についてご紹介いたします。

感電の原因


感電は電流が人体に流れてショックを受ける現象です。
静電気などの微弱な電気もありますが、建設現場では特に命にかかわる大きな事故につながることがあるのです。
感電の原因は、電圧がかかっている電線や機器に触れ、電流が人体を通過して地面などに流れることや、漏電している機器に触って感電することがあります。
電線などの電気の通路に触れて、ショートし感電することもあるので注意が必要です。

工具と作業中の注意点

注意すべきトラブルとして、ケーブルの誤切断や機内配線時などに発生する電源線の接触による感電があります。
こういったトラブルを防ぐには、事前点検作業が不可欠です。
また電源試運転中の配線被覆の傷による感電や、電源ボックスの蓋と電源端子台の接触による感電にも注意が必要です。
電動工具と電線の付け根部分の損傷により漏電することもあるので、整備・メンテナンスの徹底や事前点検、作業中の異常に注意することなどが防止策になります。

作業中の服装と必需品

感電を防止するために、服装なども注意しなければなりません。
作業服は長袖、ヘルメットも着用し、靴、手袋も絶縁用を必ず着用して保護します。
ライターやベルトなど金属類は着用しません。
作業開始前は、必ず電源やブレーカーの状態を確認し検電を行います。
絶縁チェックや遮断チェックなどを行い、細かい注意点の確認や通電合図を周囲と共有して危険回避を徹底します。

【求人】余語電気工事では新規スタッフを募集中!


ただいま、有限会社余語電気工事では、電気設備工事に携わる電気工事の現場スタッフ、電気工事士を募集しています。
技術力と経験が何よりの電気工事業ですが、工場やテナントなどあらゆる建物の稼働に電気設備工事は必要です。
万全の準備態勢と注意喚起で安全に工事を進めていますので一緒に頑張ってみませんか?
皆様のご連絡、ご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


犬山市や小牧市などの電気工事なら有限会社余語電気工事
ただいま電気工事士・施工スタッフ求人募集中です!
〒484-0894
愛知県犬山市大字羽黒字外山野38番地の1
電話: 0568-68-2881 FAX: 0568-68-2891