こんにちは!愛知県犬山市を拠点に東海三県にわたり電気工事、電気設備工事を通じて皆様の暮らしを支援できるよう日々業務に取り組んでおります余語電気工事です。
一般住宅やオフィス、建物全般で必要なライフラインのひとつである電気。
新築工事や増改築工事に必要な電気、オフィスでもレイアウトの変更などで配線設備の追加や変更が必要です。
電気工事士が作業する電気工事の種類は非常に範囲が広く、慣れていなければ内容も複雑に感じます。
今回は暮らしに必要不可欠な電気設備工事についてご紹介いたします。

強電設備工事とは


強電設備工事は高い電圧がかかる設備の工事です。
電線から電気を取り込み、電気が建物で使えるように変換する受変電設備、発電機設備、空調設備、エレベーター、コンセント、避雷設備などがあります。
電気をエネルギーとして使用し、48ボルト以上の大きな電力を使っているのが強電設備です。
強電は、最も身近な電気の電圧は48~600ボルトで低圧、電柱間などに使用される電圧の600~7000ボルトで高圧、発電所や変電所などの特別高圧は7000ボルトを超えます。

弱電設備工事とは

弱電設備工事は主に通信や情報処理に使われている設備の工事で、およそ48ボルト以下という弱い電圧です。
電話設備、LAN設備、インターホン設備、テレビ共聴設備、放送設備や映像設備、防犯設備など電気を信号として主に使用されています。
通信設備、家電設備、演算処理装置、情報端末など、各用途に対応した名称で表現されています。

施工する資格が違う

電気設備工事を行う際に、強電設備工事と弱電設備工事では施工できる資格が異なっています。
強電設備工事では、電気工事施工管理技士、電気工事士、電気主任技術者、エネルギー管理士です。
弱電設備は、電気通信主任技術者、総合無線通信士、工事担当者、電気通信工事施工管理技士などが必要になります。

【求人】余語電気工事では新規スタッフを募集中!


ただいま有限会社余語電気工事では、電気設備工事に携わる電気工事の現場スタッフ、電気工事士を募集しています。
工事現場で図面どおりに電線やケーブルの配線、機器や照明を取り付ける作業を経験して、一生の仕事にしてみませんか?
皆様のご連絡、ご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


犬山市や小牧市などの電気工事なら有限会社余語電気工事
ただいま電気工事士・施工スタッフ求人募集中です!
〒484-0894
愛知県犬山市大字羽黒字外山野38番地の1
電話: 0568-68-2881 FAX: 0568-68-2891