こんにちは!愛知県犬山市を拠点に電力会社、工場、プラントなどの施設における電気工事や電気設備工事、電気土木工事を承っております余語電気工事です。
一般の住宅、オフィス、商業施設などあらゆる建物で電気は毎日使われていますが、電気工事に携わる技術者たちの働きがあってこそ成立しています。
技術者たちが安全に作業し、計画どおりに作業を終えることができるのは、電気施工管理技士がいるからです。
建設業法では、電気工事現場に電気工事施工管理技士の配置が義務付けられています。
そこで今回は、電気工事施工管理技士の仕事内容についてご紹介いたします。

電気工事の施工管理


電気工事施工管理技士は、現場の施工計画書や施工図を作成し工程管理、品質管理、安全管理、原価管理など施工管理全般を担います。
天候に左右される場合を考慮したスケジュール調整や技術者・作業者の確保、設計者との打ち合わせなど仕事内容は多岐にわたります。
工事全体の統括を行う重要な役割であるため、資格取得には一定の実務経験が必要です。
そのため電気工事士として経験を積み、資格を取得される方も多いようです。

必要な実務経験の種類

電気工事の施工管理に直接かかわる技術上の実務経験が必要とされています。
実務経験として認められる工事種別として、構内電気設備工事、発電設備工事、変電設備工事、送配電線工事、照明設備工事、信号設備工事、電車線工事などがあります。
設備のメンテナンスや点検、保守業務、電気通信工事、機械器具設置工事、消防設備工事、熱絶縁工事などは実務経験と認められないので注意が必要です。

1級と2級の仕事範囲の違い

電気工事施工管理技士の国家資格は1級と2級に分かれており業務範囲が異なります。
2級は、一般建設業の営業所や工事現場の主任技術者として業務を担当可能です。
1級は、2級でできる業務のほかに特定建設業の営業所の主任技術者として業務が可能で、外注総額4000万円以上の建設工事で施工管理に必要な監理技術者にもなれます。
技術者自体が不足しているといわれる建設業界で、技術と施工管理業務ができることは非常に重要です。

【求人】余語電気工事では新規スタッフを募集中!


ただいま、有限会社余語電気工事では、各種電気工事に携わる電気工事施工管理技士、電気工事士を募集しています。
電気工事施工管理技士の資格を有する方は、ぜひ弊社で力を発揮してください。
経験豊富な技術者が多数在籍し、技術力に自信のある弊社で一緒に仕事をしてみませんか?
皆様のご連絡、ご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


犬山市や小牧市などの電気工事なら有限会社余語電気工事
ただいま電気工事士・施工スタッフ求人募集中です!
〒484-0894
愛知県犬山市大字羽黒字外山野38番地の1
電話: 0568-68-2881 FAX: 0568-68-2891