本記事では、「第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い」について執筆してまいります。

第一種電気工事士と第二種電気工事士の違い

第二種電気工事士は、一般住宅や小規模施設の電気工事、自宅のリフォーム・DIYなどができたり、現場代理人になることができます。
第一種電気工事士は、第二種電気工事士ができることに加えて、ビルや工場などの大規模施設の電気工事や高圧の送配電線路における電気工事などを行なうことができます。

取り扱うことができる工事の範囲が広い第一種電気工事士は、第二種電気工事士よりも待遇・将来性の面でも有利になるといえるでしょう。
第二種電気工事士をまずは取得し、その後第一種電気工事士の取得を目指すのがおすすめです。

電気工事士としてスキルアップを!

有限会社余語電気工事では、未経験者・経験者問わず新規スタッフを求人募集しております。
一人前の電気工事士としてご活躍いただけるよう、会社が皆さまの成長を応援いたします!
愛知県犬山市や岐阜県各務原市など、各地の皆さまからのご応募を、心よりお待ちしております。


犬山市や小牧市などの電気工事なら有限会社余語電気工事
ただいま電気工事士・施工スタッフ求人募集中です!
〒484-0894
愛知県犬山市大字羽黒字外山野38番地の1
電話: 0568-68-2881 FAX: 0568-68-2891
セールス電話・営業メール・求人広告媒体・HP商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする